海外税制はどこまで押さえるべきか?

法人税の理論でどれだけ力を入れて暗記するか 迷う論点の一つが海外税制かと。   過去に出題実績があるだけに 無視できないところでもありますし かと言って深く掘り下げるメリットも あまり感じないのが悩みどころではありまして。 スポンサーリンク   タックスヘイブン税制 今海外の最低法人税率が トピックになっていることもあり 最低限の知識は常識レベルとして 持っておく必要はあるんじ […]

国税徴収法を勉強するメリット

国税徴収法と聞くと “税理士になったとき仕事に使えない”とか “国税側のこと勉強しても仕方ない” などの印象を持たれたがちですが 何気にいろいろ役立つことが学べる税法なんです。 スポンサーリンク   例えば、顧問先の社長宅に 第二次納税義務に関する納付通知書が届いた という連絡を受けたとき 慌てる税理士って多いんじゃないでしょうか? 普段あ […]

消費税法 勉強法(理論編)

消費税法の特徴の記事でも触れた通り 理論にはベタ書きのパターンと 事例に即した記述が求められるパターンとがあります。   スポンサーリンク 個別理論対策 まず、ベタ書き問題対策としては まずは重要度の高い条文から精度高めの暗記をしていき 試験本番までの時間との兼ね合いで 残りの条文をサラッと覚える(白紙を避けるため)のが良いかと。 もちろん勉強時間が潤沢にある方は 全てバッチリ覚えた方が […]

消費税法 勉強法(計算編)

消費税法は法人税法とかと比べれば 押さえるべきパターンは少ないです。 基礎の積み重ねでどんどん実力が上がってるのがわかるので 勉強自体は初めのうちは楽しいと思います。 スポンサーリンク   消費税法の計算パターン 計算パターンは本則と簡易と国等の特例があり 最近の傾向としては本則だけか 本則と簡易の両方の出題が多いです。   国等の特例は平成20年に出題されて以来 しばらく出て […]

法人税法 勉強法

法人税は理論と計算のバランスが大事だと感じてます。 どちらかに偏ると合格可能性は 著しく低下すると思われます。 スポンサーリンク   というのも、年度によって 理論が難しく、計算が簡単であったり その逆のパターンだったり 両方難しい年もありまして、   理論も計算も最低限のラインを超えてないと 合格は厳しいとされています。   勉強ボリュームは税理士試験科目の中では […]

財務諸表論 勉強法

財務諸表論は理論と計算がある会計科目です。 合格するためには両方ともバランスのとれた解答が 求められます。 スポンサーリンク   計算対策 計算は簿記論を勉強してるかどうかで結構変わってきます。   簿記論を同時に勉強してる方や受験経験者であれば 財務諸表論独特の表示科目や注記などを押さえておけば 簿記論の勉強方法と同じで 8割型問題ないかと。   逆に簿記論を勉強し […]

簿記論 勉強法

簿記論攻略への道は苦手論点を作らないことにある、 と言われてます。 簿記論の配点には傾斜がかかると言われており みんなが得点できる箇所の点数が高い、 などの予測が昔からされているようです。 スポンサーリンク   それを踏まえると、みんなが得点できる問題を落とすと それだけで致命傷になりかねないんです。   本試験に限って苦手な論点が出てきたりしますからね。 とにかく、全ての範囲 […]

税理士試験会場

税理士試験会場については 受験する地域にもよりますが 受験地を東京として願書を出した場合でご紹介します。 スポンサーリンク   受験会場が大学校舎の場合 通常は大学校舎が使われます。 少し前までは、初日の科目だけなら立教大学、 二日目以降の科目を受ける場合は早稲田大学に 割り振られるのが一般的でした。 1日目の科目だけの人も 会場を早稲田にしたい人は二日目の科目も申し込んだりしたものでし […]

腰にやさしいマットレス

今回は税理士試験とは直接関係のない 私個人の雑談ですので 勉強に忙しい方はスルー推奨の記事です。   腰にやさしいマットレス   仕事上、座って作業することが多く 税理士試験の勉強でさらに座ってますから 結構腰にくるんですよね^^;   一時間に一度くらいのペースで 立ち上がったりしてるんですが 習慣が積み重なると そのダメージが私の場合は腰に溜まるようです。 &nb […]

国税徴収法の特徴

国税徴収法は理論だけ、という印象を持たれやすいですが計算問題もあります。 具体的には法定納期限と抵当権の設定日、 譲渡担保財産の登記や譲渡日などの日付と 滞納国税や第三債務者の債権額といった金額が 資料として与えられその優先劣後を自分で判断して、 財産換価後の配当内訳などを計算することになります。 スポンサーリンク   パターンとしてはあまり多くなく、 似た形式が繰り返されてるわけですが […]