税理士試験会場 成蹊大学

税理士試験会場

令和3年の税理士試験「東京都」の会場は

成蹊大学、武蔵大学、上智大学、立教大学の

4つの大学に振り分けられました。

 

2日目以降の科目を申し込むと

成蹊大学になったようです。

Advertisements

 

成蹊大学の行き方

吉祥寺駅で降りてPARCOが見えるまで進みます。

PARCOが見えたら右に曲がります。

そのまま真っ直ぐ歩くと

武蔵野八幡宮が見えるので

その交差点を左に曲がります。

そのまま真っ直ぐ進むと見えてきます。


Advertisements

歩くと10〜15分くらいかかります。

吉祥寺駅からバスも出てるんですが

当日は混むかもしれないですね^^;

 

当日を想定した対策

2限目以降の科目の方で「着席時間」までの間

どこで過ごすか、悩ましいところです。

 

吉祥寺駅周辺にはドトールや

コメダ珈琲など時間調整できる場所がありますが

みんな同じこと考えると思われるので

いくつか候補をあらかじめ決めておいた方がいいかもしれません。

 

試しに吉祥寺のガスト行ってきましたが

メッチャ密でしたし、

壁や仕切りもないため、かなり騒がしかく、

税法の条文読んでいられる環境ではないと感じまして

あまりお勧めはできないです(^^;)

 

大学の学内の廊下で過ごすのもアリですが

クーラーが効いているかは微妙かと。

 

2019年立教大学で簿記論の受験生が救急車で運ばれた、

ということがありました。

(試験管が「昨日、救急車で運ばれた方がいらっしゃいます。

試験開始前に飲料水の確保をお願いします」

ってご丁寧にアナウンスされてましたw)

 

私は2日目での受験でしたが

廊下は相変わらず全然空調が効いておらず

汗だくで待った記憶があります。

 

当時も首かけ扇風機とかありましたが

今はこんな感じのアイテムもあります。

(通勤がわりと快適になりました)

 

 

熱中症なんかになってはシャレにならないですからね。

受験は暑さ対策も含めて試されていると考えた方が良いかもしれません。

 

あとは、体温対策です。

成蹊大学からガストまで歩いていき

ガストの入り口での計測で36.9℃でした(平熱36.0℃)。

 

37.5℃以上になると受験できないようなので

成蹊大学に着いたらどこかで涼むといった対策も必要になるかと。

 

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました