電卓の打ち方

モチベーション

電卓の打ち方は人によって

結構クセがでますね。

やたら強く叩く人とか、

人差し指を超速で動かす人とかw

スポンサーリンク

Advertisements

 

電卓のスピードが遅くて

税理士試験が受からない、ということは

ほぼないんじゃないかと。

簿記論とか消費税法のように

時間との勝負の科目ですら

電卓を叩いている時間はたかが知れてるわけですからね。

 

でも、やってはいけないとされる

電卓の打ち方があります。

 

それは、

 

『2度打ち』です。

 

時間を倍消費しちゃうとかの問題は

まだ小さいんですが、

2度打ちは自信の無さの表れな気がします。

 

一発で揃える!という気合いがないと

他でポロポロとミスを重ねてしまいます。

2度打ちがクセになってしまってる人もいるかと思いますが

その場合はゆっくり打つことを

心がけると解決できます。

 

特に最初の数字を打つ時とか

ホントゆっくりでいいです。

それで指が慣れてきたと感じたら

徐々にスピードを上げていきます。

 

このやり方は、2度打ちに悩んだ私の

解決法になりますw


Advertisements

 

最初ゆっくり打つノウハウを

周りにシェアしたところ

その人達にも効果があったんです。

 

それだけじゃないんです。

最初ゆっくり打つ、っていうのと

矛盾したように感じるんですが

めっちゃ早く打てるようになります。

 

たぶん、最初に慎重に電卓を触れるところから入るので

脳に「これでミスるわけがない!」

ってインプットされるんだと思います。

 

消費税法の計算では、

課税標準、課税売上割合、課税仕入れ等の税額など、

まとめて一気に計算する過程がありますが、

最初の金額をゆっくり打ち始めれば

たぶんミスなく計算できるかと思います。

 

電卓の打ち間違いが多い人も

試してみて下さいね(^^)

 

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました