試験研究費の特別控除

法人税法

法人税法で毎年変更がある

典型的な論点と言えば

試験研究費の特別控除ですね。

スポンサーリンク

Advertisements

 

計算式そのものが大きく変わる年もあれば

パーセンテージだけの変更の年もあり

また、適用範囲も変わったりするので

直前期は結構忙しく感じます^^;

ちなみに今年はパーセンテージがメッチャ覚えにくい数字ですね。

逆に、正確に押さえれば差がつくところとも言えるんじゃないかと。

 

対策としては、各受験予備校の出している

練習問題をひたすら繰り返すことが大事です。

それを超える難易度の問題が出ても

みんな解答できないので合否に影響はでないため

支給された教材をしっかり解けるようにしておけば

対策は十分かと。

 

ただ、試験研究費の特別控除は

とにかく覚えにくいですし

忘れやすいです。

 

スポンサーリンク


Advertisements

 

問題に触れる頻度を高めることが

記憶の定着に繋がるかと思ったので

私は直前テキストの該当箇所をコピーして

それを持ち歩いてました。

 

中小法人とそれ以外とで

計算式や数値が大きく変わるので

総合問題を解く際は特に意識しました。

 

後から振り返った時に分かりやすくするためのメモとか

あなたなりのルールを決めておくことをオススメします。

 

勉強時間が足りなくて

試験研究費まで手が回らない、

という人はとりあえず

形を押さえるところから始めると

いいかもしれません。

 

適用対象に該当するか分からない場合でも

とりあえず、特別控除の計算式書くだけでも

形式点が貰えるかもしれないですからね。

数値は前日の暗記でもなんとかなったりしますし。

合格可能性を高めることを意識した勉強の仕方を

追求していただきたいです。

 

スポンサーリンク

 

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました